アスペルガー彼氏と定型彼女のいろいろ

アスペルガー彼氏に振り回され、 時に涙し、時に激怒する…。 しかしめげない楽しい日々を綴っています。

スポンサーリンク

アスペルガーの最大の愛情表現を知ったら楽になった

 

以前にも書きましたが、インターネット検索すると

 

アスペルガーと付き合うのは困難だ、

別れたほうが良い、

アスペルガーにとって相手は誰でも良い、

 

など、悲観的な文面を目にすることが多いです。

 

 

 

こういう文章を見つけた場合、

嫌な気持ちがするのなら取り入れない(信じない)ほうが良いと思います。 

 

 

 

Happy さんというブロガーさんの受け売りですが、

「気持ち」はあなたにとっての指針であって、

嫌だと思う考え方は、あなたに合っていないのです。 

 

だから取り入れなくていいとわたしは思ってます。

 

 

 

わたしは、

 

アスペルガーのパートナーと仲良くやっていきたい

 

そういう立場なので、いかに定型さんが無理せずにやっていけるか、そのための方法や思考パターンを実体験を通して模索している状態です。

 

 

 

そんなわたしが指針にしている気分が落ち着く言葉をご紹介します。

アスペルガーのパートナーとの関係が不安になった時のヒントになれば幸いです。

 

 

アスペルガーに期待しない

アスペ彼氏には、期待しないように気を付けています。変に期待しちゃうと自分が傷付くから。

 

してもらいたいことは、してほしいと伝えます。伝わらないかも、と思うことは言わないです。相手を混乱させるか苛立たせるだけだからです。(結局はこちらにイライラがかえってきますもんね(^^;))

 

 

・「いっしょにいること」は、アスペルガー最大の愛情表現

これは、今一番好きな言葉です。

わたしは、本当はもっとキスやエッチをして欲しいと思っていますが(笑)、それはあくまでわたしの愛情バロメーターです。

 

ひとりの時間が好きなアスペルガーさんにとっては、いっしょの空間に他人といるということが最大の愛情なのだそう!確かにそうかもしれないですね。

 

わたしはアスペ彼氏に愛されてるか不安になることがあるので、そういうときにこの言葉を思い出すと少し安心できるのです。

 

 

 

アスペルガーのパートナーとの暮らしは、「一緒にいるのに、ひとり」と表現されることがあります。共感や意思疎通ができないからです。

 

でも、 「一緒にいるのに、ひとり。でも一緒にいる」のが、アスペルガーなりの愛の形なのではないでしょうか。

 

定型のわたしたちには不可解ですが、

理解できなくてもアスペルガーはそういうものだと頭に置いておけば、定型さんが少しは楽になるんじゃないかなと思います。

 

 

付き合うからには悩みが少ないほうがいいですもんね。