アスペルガー彼氏と定型彼女のいろいろ

アスペルガー彼氏に振り回され、 時に涙し、時に激怒する…。 しかしめげない楽しい日々を綴っています。

スポンサーリンク

大ゲンカの末、アスペ彼氏が出て行った

 

アスペルガー彼氏と大ゲンカをしました。

今回のは、過去最高レベルかもしれません(笑)!

 

 

きっかけは、私のうっぷんが溜まっていたことにあります。

 

 

何の発展もない私たちの関係、

いろいろと面倒を持ち込む彼、

約束を守らない彼、

部屋を散らかす彼、、、

 

 

そういうことが積もり積もって毎日イライラしていたのです。

 

 

ある日、ついに我慢の限界が来て、わたしの部屋を散らかす彼に言ったのです。

 

「ここ、あんたんちじゃない!この流れが永遠に続くとか無理。」と。

 

 

なるべく落ち着いて伝えたつもりでしたが、彼の機嫌も悪かったのでしょう。

 

 

彼氏がブチ切れてしまいました。

 

 

そこから罵詈雑言飛び交う罵り合い、どつき合い!

 

とっても激しいケンカに発展しました(−_−;)

 

 

しかも夜1時は回ってました(^^;;

近所迷惑はなはだしい…

 

 

 

で、最終的に

 

「おまえとは終わりじゃっ!もう金輪際ここには来ない!」と叫んで彼が出て行きました。

 

私ももちろん負けていません。

「荷物だけは取りに来い!捨てるのも金かかるんじゃ!」といって殴って追い出しました(笑)。

 

 

ほんっとに終わったな、と思いました。

 

 

で、眠たかったのですが、あまりに部屋が散らかっていたのでとりあえず片付けることに。

 

部屋の掃除をしてるうちに、なぜかイライラが収まり、何より気分がスッキリしてきました。

 

あー、もうあの馬鹿に振り回されなくていいんだな、幸せ♡と実感したのです。涙も出なかった。むしろ鼻歌うたってた(笑)。

 

 

部屋も片付き、そろそろ寝ようと思った矢先、ヤツからLINEが来ていたことに気付きました。

 

 

見てみると

「ほんとに終わっていいの?」だってw

 

未練タラタラ!何こいつ。

 

電話もかかってきましたが、無視して寝てやりました。

 

 

その数分後。

 

ピンポーンピンポーンピンポーン…

 

夜中にインターフォンが鳴りました。

 

 

 

こんな時間に!?!?

 

彼しかいないやん…( ̄◇ ̄;)

 

 

 

うちは狭いアパートなので インターフォンは隣の部屋にも丸聞こえ。

 

どんな嫌がらせやねん!と怒りながらも仕方なしに玄関まで行きました。

 

 

 

ドアを開けると、案の定 馬鹿の姿が。

 

 

「ごめんね…今日は泊めてもらえないかな。。オレ、〇〇ちゃん(私のこと)のこと好きやから…」

 

ほんっっまにダメダメ男ー!!

 

 

ムカついたままでしたが、追い返しても帰らないし、何より話すのがしんどかったので、その日は泊めてやりました。

 

 

そして翌朝。

何事もなかったかのように態度のデカい彼。

 

 

それを見ていたらまたまたムカついて、罵り合いアゲイン!!

 

 

 

お互い仕事があったので時間が来て一応終了。

 

 

 

 

で、その後また電話があって。

彼の筋違いの言い訳をきいて。

要は、よりを戻したいと。

 

 

 

わたしはその時、もう彼とは別れていいかなーって思っていたのです。

 

だって「別れた」と思った瞬間のあの解放感!私は大丈夫って思えたから。

 

 

だから私は

「あんたが態度を変えないんだったら無理やから、もういいよ。別れて」

と伝えました。

 

 

でも彼は、そういう時だけ反省を口にする。ダメ男の典型。

 

 

アスペルガーさんって、

怒ったあと、冷めるというか忘れるの早いですよね。

後からネチネチ言ってくることもあるから、正確に言うと内容を忘れたわけではないんだろうけど。

 

 

そして定型ではあるけど、私もかなりの激昂型。割とすぐに冷めちゃうし切り替えてできてしまうタイプ。

 

 

だから…今回のケースでも、彼との話し合いがだんだん面倒になってきてしまい…。

 

 

 

最終的に

「まぁいっか」

ってなってしまったのです…

 

 

 

ダメ男から離れられないダメ女の典型。お互い様。馬鹿ップルとはまさにこのことなり。

 

 

というわけで結局仲直りしたのでした( ̄▽ ̄;)

 

 

でも大ゲンカを通して気づいたことがあったのです。それも仲直りできた理由のひとつ。

 

長くなったので続きは次記事で♡

 

いつもありがとうございます!