アスペルガー彼氏と定型彼女のいろいろ

アスペルガー彼氏に振り回され、 時に涙し、時に激怒する…。 しかしめげない楽しい日々を綴っています。

スポンサーリンク

自律神経失調症のつらさをバネにアスペルガー彼氏と戦っています(笑)

 

わたしは、社会人になって初めての年に「自律神経失調症」を発症しました。

 

電車に乗ってたら全身から冷や汗が出てきて、立ちくらみで立っていられなくなります。当時の住まいから会社まで7駅ぐらいあったのですが、1駅か2駅ごとに降りて冷たい飲み物を飲まないと帰りつけませんでした。

 

それなりに食事は摂っていたにもかかわらず、半年で7kg以上も痩せました。それもきれいな痩せ方ではなく、頬がこけて顔色が悪くなるという不健康そのものの痩せ方でした。

 

頭痛がひどかったので、市販の頭痛薬を1日3回、毎日飲んでいました。

が、薬を飲んでも頭痛はおさまらないし電車に乗ることが怖いのですね。

 

市販の薬じゃラチがあかなくなり、ついに生まれて初めて、「心療内科」にかかりました。そこでハッキリと「自律神経失調症」だと言われたわけではありませんが、とりあえず安定剤を処方してくれました。

 

この安定剤がとても優秀で、これを飲んでいる間は電車にも乗れるし頭痛もおさまったのです。

 

しかし処方された薬を飲みきったらまた頭痛やめまいに苦しむ日々が始まりました。

 

失調症を患った原因は、会社に馴染めないストレス、厳しい上司(今でいうパワハラですね)、知らない土地での暮らしなどが重なったことです。

 

このままではわたし死ぬ、とハッキリ思いました。

 

で、意を決して会社に辞意を伝えました。

名の知れた大企業でしたので、1年目で辞めるのはもったいないと支店長が引き留めてくれましたが、もう二度とこの会社の入り口をくぐりたくないという気持ちしかなかったので、翻しませんでした。

 

しばらくは電車にひとりで乗ることができませんでした。

発症から15年近く経った今も、電車に乗る時は飲み物がないと不安です。

また、のぞみ新幹線のように停車の間隔が長いものは気分が悪くなります。

ただ、誰かと一緒だとだいぶマシです。

 

 

この経験を経て、「わたしはストレスに弱い」ということを思い知らされました。

幼少の頃から精神面が弱かったり情緒不安定だったりという自覚はありましたが、下手したらこのことで自分は本当にダメになると自覚したのです。

 

 

そんなことがあって、心理学や精神論を独学で学ぶようになりました。

で、自分なりの生きやすさを見つけていったのです。

 

 

自律神経失調症になったとき、ほんとに苦しかった。

今思い出しても、自分で自分がかわいそうになるぐらいつらい思い出です。

 

 

あぁいうふうには二度となりたくないという強い反発心があり、

さらにわたしはアスペルガー彼氏に同調しやすい性格を持っている、

だからこそ、あえて同調しないように意識しているのです。

 

 

わたしみたいに精神的に弱いひとは、カサンドラ症候群になりやすいと思います。

でも絶対になる、ってことはないです。

やっぱり受け取り方(考え方)次第なのです。

 

 

前記事でも触れましたが、

アスペ彼の意見を真に受けないようにして、

アスペ彼には悪意があるわけではないなど、自分に都合よく置き換えることを意識してやっています。

 

 

意識し続けていると、次第にその考え方が普通になってくるので、どんどん生きやすくなってきます。

 

 

ストレスを溜めやすい、

人にイヤと言えない、

優しい、

人に依存する、 

 

こんなタイプの人(わたしのことだわ^^)は、考え方や生き方を変えるだけでラクになるんだから、我慢だけはしないでほしいなと思います。

逃げたっていいんだしね。

 

 

自分が精神的ダメージを受けやすいタイプだと自覚している分、対策ができるんだから大丈夫です。

 

 

性格上、わたしはカサンドラ症候群になりそう、なのになんでならないのかな?

と考えていたら、過去の出来事が影響していると気付き語らせていただきました。

 

長々と失礼いたしました。

 

いつもありがとうございます。