アスペルガー彼氏と定型彼女のいろいろ

アスペルガー彼氏に振り回され、 時に涙し、時に激怒する…。 しかしめげない楽しい日々を綴っています。

スポンサーリンク

トイレが下手くそなアスペルガーにブチ切れ

 

※今回の記事は、お食事時を避けてお読みくださいm(_ _)m

 

 

アスペルガー彼氏、トイレの使い方がとても下手くそです。

 

汚れたトイレを掃除するのは、いつもわたし。

 

毎回毎回イライラしつつ、なんでわたしばっかり…と時に涙しながら、汚されたトイレを片付けていました。

 

 

彼には何度も何度も、

「トイレをちゃんと使ってほしい」と伝えてきました。

 

そのたび、「わかった」とか「ちゃんと使ってるつもり」とか言うだけで、ぜんぜん改善されませんでした。

 

 

そしてついに先日、トラブルが発生しました。

トイレの洗剤がなくなったので詰め替え用のを補充しようと備え付けの棚から洗剤を取り出したところ、新しいはずのボトルがベットリしていてすごく臭いのです。

 

どうやらアスペ彼氏は棚にもシッコをかけていたらしく、棚の隙間から入り込んだシッコが洗剤ボトルの下で固まっていたみたいで・・・

 

彼としては悪気はなく、ただ単に彼はトイレをするのがド下手なだけなのでしょう。

 

 

しかしこれは常識の許容範囲をはるかに超えています。

 

自分の手についた臭いを嗅いだ時、怒りのあまり、「うぉーっっ」ってケモノみたいに叫んでしまいました・・・

 

 

このまま改善してくれなければ本気の本気でわたしは無理。

このことはアスペルガー彼氏に言わなくちゃ、と思いました。

だけど、このまま感情的に責めてもアスペ彼氏には何も伝わらないということを、苦い経験からわかっています。

 

 

なんとか落ち着きを取り戻してから、彼に伝えることにしました。

 

 

わたし「○○くんはトイレで座ってシッコするのは無理なん?」

 

アスペ彼氏「無理。飛び散るし」

 

わたし「静かに出したらいいんちゃう?」

 

アスペ彼氏「うーん」

 

ここで、わたしが体験した嫌な出来事を伝えることにしました。

わたし「新しいボトルが臭くなってて嫌な気持ちがした。棚の中も悪臭で最悪です。だからちゃんと座ってしてほしい」

 

アスペ彼氏「がんばる・・・」

 

とりあえず納得してくれた彼。

 

その後しばらくはきちんとするようになったので、わたしもホッとしていました。

 

が、一週間後、やっぱりまだやらかしていることに気付いたのです!

 

 

本当に腹が立って、

「ほんとにほんとに嫌なんだよ!!棚の中が黄色くなって、あんなん触るのも臭いも全部嫌!ちゃんとしてくれないと無理っ!!」とぶ怒鳴りつけました。

 

そこでようやく

「今わかった。もうしない」

と理解したらしく?、今のところはきちんとトイレでしています。

 

でもまた気が緩んだらやらかすのではないかと思っています。アスペルガー彼氏の言動は信用できないですね。

 

 

アスペルガーさんに注意をするのって本当に大変。

便器じゃないとこにシッコをかけたら嫌がる人がいると頭で理解はしていても、行動する時は別の脳が働くのでしょうか。

 

真の意味で理解できてないんじゃないかなとも思います。

 

今までも、守ってほしいルールは何度も何度も何度も何度も言い続けてようやくできるようになったというパターンでした(シャワーの時はお風呂の扉を閉める、水道は止めるとか、当たり前の決まり事です)。

 

アスペルガーさんは習慣化させてしまえばきちんとできるようになると言われますが、習慣化させるまでがとにかく大変だと思った出来事でした。