アスペルガー彼氏と定型彼女のいろいろ

アスペルガー彼氏に振り回され、 時に涙し、時に激怒する…。 しかしめげない楽しい日々を綴っています。

スポンサーリンク

価値を押し付けるアスペルガーと、価値を押し付けられるアスペルガー

 

わたしはアスペルガーの方が書いた書籍やブログはあまり見ません。

 

いや、見ますが(どっちやねん)、

なんというか、独りよがりな内容が多くて苦手意識があるのです。

 

「アスペルガーはこだわりが強いから合わせてあげて」とか

「アスペルガーは生まれつき融通が利かないから定型が我慢して」とか、

被害者的発想なのが納得いかないというか、嫌いというか・・・

 

もちろん、みんながみんなそういう内容ではないのですよ!

 

ただ、アスペルガーの長所も短所も、本人よりパートナーのほうが分かってたりしますよね。だからアスペルガー本人が書く文章は、自分のパートナーを見ているようでイラついて同調できない(笑)。そんなこともあって無意識に避けていたのです。

 

 

そんな中、こちらの記事はおもしろかったので紹介します。

www.huffingtonpost.jp

 アスペルガー症候群と診断された国実マヤコさんという女性の方が書かれています。アスペルガーに関する書籍も出版されているそうです。 

 

国実さんは、ご自身の症状を踏まえた上で、アスペルガーが社会に調和するためには周りの人のことをもっと考えていかなければならないと語ってらっしゃいます。

 

 

この記事で惹かれた一文がこちらです。

「自分(定型)の価値観を押し付けないで!」などと、夫に叫んでいた私だが、自分(アスペルガー)の価値観を押し付けていたのは、紛れもなく、私自身だった。

 

まさしく!!!

アスペ彼にもわたしにも当てはまる文章です。

 

わたしも彼に対して「価値観を押し付けないで!」と思います。実際口に出して言う時もある。

でもわたしも同じぐらい彼に自分の価値観を押し付けていることがよくあるのです。

 

逆も然りです。

 

世の中のアスペルガーさん&パートナーさんがこのことを常に意識していたら、仲良くやっていけるんじゃないかなと思いました。

わたしもすぐに忘れてしまうので気を付けようと思います。

 

紹介した記事内にあるように、女性のアスペルガーは周りからは分かりにくいようですね。女性はもともと社会に馴染む力が男性より強いので、ちょっと無理して乗り切っていったりできるようです。

 

うちのアスペルガー彼氏もこんなに自己分析できる人だったらいいなぁと思ってしまいました(笑)。 

 

今度、国実さんの著作を読んでみようと思います。