アスペルガー彼氏と定型彼女のいろいろ

アスペルガー彼氏に振り回され、 時に涙し、時に激怒する…。 しかしめげない楽しい日々を綴っています。

スポンサーリンク

人の親の悪口を平気で言うアスペルガー彼氏

 

地震や多雨など、立て続けに天災が起こっておりますが 皆さまご無事でお過ごしでしょうか。

 

わたしの住む地域も、3日間ずっと大雨が降り続いていたのですが 

そんな時、アスペルガー彼氏が言いました。

 

「お前の親、土砂崩れで死んだやろ。テレビでやってたぞ」と。

しかも笑いながら。もちろん、事実無根、彼の妄想です。

 

彼はもともと平気でこういう非情なことを言う人で、

『わたしの親と愛犬の悪口は絶対に言わないこと』と約束していたにもかかわらずです。

 

わたしは当然腹が立ったので、

「言い過ぎやで。冗談でも言ったらあかんから」と怒りました。

しかし彼は、「生き埋めになったんか」とまだ言い続けるのですね。

 

咄嗟にグーで殴ってやりましたが、それでもヘラヘラ笑ってる馬鹿に怒りはおさまりませんでした。

 

 

彼には、こういう悲しいこと絶対に言わないでいてほしいと切に思いました。

なんで分からないんだろうと考えていた時、ふと思い至ったのが、子供の頃のことです。

 

誰しも経験があるかと思いますが、子供の頃って、今考えると結構ひどいことをズケズケ言ってましたよね。

 

今でも、「なんでお肌がブツブツなの?」とか「なんでそんなに太ってるの?」とか大人だったら空気を読んで言わないことでも、子供が平気で口にする場面を耳にしたことがあります。

 

また子供の頃の遊びって、鬼ごっこ、刑ドロ(ご存知でしょうか)、ドッヂボールでも

「あと一人殺したら勝ち」「生き残り」「死ね」とか、けっこう残酷な言葉を使っていたように思います。

 

 

って、アスペルガー彼氏とおんなじやん!!

 

 

あぁ、アスペルガー彼氏って、子供のままなんだなぁって思いました。

子供ならそれが許される年代だから、まだいいんですけどねぇ・・・。

 

わたしたちは知らず知らずのうちに「言ってもいいこと」「言ってはいけないこと」を社会で学んでいくのですね。そして大人になる。

アスペルガーさんには、この機能が備わっていないのかなぁ。

「察する」が極端に苦手なことも、関係あるのかもしれませんね。

 

 

アスペルガー彼氏は、

「他人の死をもてあそんではならない」という情のようなものが欠けているんだと思います。彼自身の親に対しても「早く死んだらいいのに」と平気で口にします。

はっきり言って、思うのは自由ですよね。わたしもムカつく人を見たりしたら「死ねばいい」と思ってしまうこと、あります。

でもそれを誰かに聞かせるのはダメですね。特に親族のことは、わたしは嫌。

 

だけどどうやって説明しても、彼にはそういう行為が人を傷付けるのだということが理解できないのだと思います。

 

 

その後、また彼氏が同じようなことを言ってきました。わたしの親が死んだとか何とか。でもわたしはその時たまたま違うことを考えていて、彼の話をちゃんと聞けなかったのです。

そしたら彼の発言なんてどうでもよくて。

 

聞かなければいいのか!と気付きました。

 

 

「言わないでほしい」と言っても伝わらないから、理解してもらうことは諦めました。

代わりに、アスペルガー彼氏が嫌なことを言ってきたら、あえて聞かないようにすることで、怒りを回避できるんだなぁと思ったのでした。