アスペルガー彼氏と定型彼女のいろいろ

アスペルガー彼氏に振り回され、 時に涙し、時に激怒する…。 しかしめげない楽しい日々を綴っています。

スポンサーリンク

アスペルガー彼氏のお父さんに会った~アスペルガーは遺伝する!?

 

こんにちは。いつも読んで下さりありがとうございます。

 

今日はついに100記事目です。

100回目はこの題材にすると決めていたものがあります。

 

 

それは、アスペルガー彼氏の家族に会った話です。

 

 

 

先日、念願かなって、ついに彼の家族と対面することができたのです。

 

彼の実家に初めて足を踏み入れたわたし。

彼のお父さんとお母さんにご挨拶。

 

お母さんはにこやかで「リラックスしてねー」とフレンドリーな感じ。

に対して、彼のお父さん、初対面のわたしに「すげーなぁー」。

 

え???なにがすごいの!?!?!?

わ、わけがわからない・・・

初対面からして、KYであることを見せつけてくれたお父さん・・・あなたがすごいわ。。。

 

そして彼氏。終始無言・・・。何か言おうよ!!

 

 

そんな変な空気の中、みんなでティータイム。

会話するのはお母さんとわたしだけで、たまにお父さんが素っ頓狂な話題で参加するという感じ。

彼は・・・無言。

 

お母さん「〇〇(彼の名)はちょっと変わってるでしょう?」

わたし「そうですね、変わってるとこもありますね」

お母さん「でも優しいとこもあるの」

わたし「はい、優しいと思います」

お母さん「そうでしょう」

お父さん「〇〇はまだ家を建てないのか!?」

全員「!?」(は????何の話?)

 

↑こんな感じの会話でした。

お母さんとわたしが普通に会話してる時にお父さんが意味不明爆弾を投下、会話の流れを勝手に止めるという感じで・・・。

 

そして唐突に、息子にお説教を始めるお父さん。

「ちゃんと学校を出してやったのに何者にもなれず中途半端やなぁ」

「会社での役職は何や?」

「情けない存在や」等々・・・・

 

 

あぁ、これが世に言う毒親というやつか、とつくづく感じてしまいました。

 

 

この時、彼ってすごいなと思いました。

こんな偏屈で頭ごなしに言ってくる父親の下で、ちゃんと普通に真っすぐな社会人になれたなんて。

 

びっくりして彼のほうを見ると、彼、完全無視。

何も聞こえないのか、スマホをいじったり鼻ほじったり(-_-;)

 

 

あぁ、人の話を聞かないことが功を奏したのかと認識を修正。。。

 

 

 

 

彼のお父さんのインパクトはすごかったです。

彼を一段とひどくした感じのアスペルガーでした。

これは久しぶりにえらいヤツを見たぞ・・・と思いましたから(笑)。

 

それにしても、彼もすごいけど、このオッサンと長年暮らしてこれたお母さんも相当すごいです。

 

今はネットで簡単に調べられるから、彼がアスペルガーかもしれない、とかなり早い段階で知ることができました。しかしお父さんお母さんの時代はそうではありません。よく分からないけど変な男という認識のまま、ずっと暮らしてきたのだと思います。

たぶん、お父さんはいまなお、アスペルガーであるという自覚はないと思います。

 

 

 

彼の両親に会って分かったこと。

 

アスペルガーが遺伝するというのは事実でした。

そしてお父さんは聞きしに勝る非常識な人間でした。

 

彼のお父さんのことだけで10記事ぐらい書けそうな、アスペルガーの典型みたいな人でした。

 

 

 

実はその後、お母さんとは連絡先を交換して、たまに電話したり会ったりできる仲になりました^^わたしは彼の相談をし、お母さんはお父さんのグチを話してくれたりします。アスペルガー研究家(自称)のわたしとしては、お母さんのグチも非常に興味深いのですw