アスペルガー彼氏と定型彼女のいろいろ

アスペルガー彼氏に振り回され、 時に涙し、時に激怒する…。 しかしめげない楽しい日々を綴っています。

スポンサーリンク

発達障害のTV番組を見て感じたこと

 

先日、病院の待合いで

 

「発達障害かも・・・どうすれば?」というNHKの再放送番組が流れていました。

 

 「うちの子もしかして発達障害?」子どもが困っているのを助けたい一方で、病院に行くことが本当に子どものためなのかと悩む保護者もいる。判断に迷うときできることとは?落ち着きがなく、授業に集中できない。友達とのコミュニケーションが難しい。がんばっても学習成果が上がらない。発達障害の特性は「個性」とはっきりと区別する境界線がないため、保護者は疑問を感じながらも、そのままの状態でもんもんと悩むケースが多い。スタジオには、そんな悩みを今抱える当事者と、かつて同じ経験をした保護者たちが集まり、どんな心構えで子どもたちに寄り添えばいいのか、じっくりと話し合っていく。

 @NHKさんのHPより引用

 

発達障害のお子さんをもつ親御さんと司会者との対話や実際のVTRなどが流れていました。

 

一番印象に残ったのが、尾木直樹(尾木ママっていう人)さんがおっしゃった

「発達障害かどうか、シロかクロかの判断はどっちでもよくて、発達障害を理解していくことが大事」というような発言です。

 

 

わたしもまさに同じスタンスで、

 

彼氏が本当にアスペルガーかどうかというのはあまり問題ではなくて、

 

アスペルガーの特徴を知って対処法を探っていくことが、お互いの生きやすさにつながると思っています。

 

 

 

上述のTV番組を見ていて思いました。

 

病院に連れて行くことが良いのか分からない、子供のためになるのか分からないと。

 

子供のため?病院行くのなんて、自分(親)や世間の目のためですよね。

 

わたしは親になったことがないから、親の気持ちは分かりません。でも子供だったことはあるから、子供の気持ちは分かります。

 

 

わたしが子供の立場だったら、「あなたのためを思って病院に行くのよ」なんて言われたらイヤだなぁ。

 

「お母さんはあなたの将来を勝手に心配している、だから病院についてきて」なら納得。

 

 

子供のため子供のため、っていうのは言い訳くさくて苦手だなぁと感じました。

 

わたしも子供の時に親からよく言われてきたから、それが関係しているのかも。

 

「あんたが勉強についていけるように塾に入れてあげてる」とかね。。

 

 

これは人それぞれの考え方があるかと思いますので、不快に感じた方がいらっしゃったらごめんなさい。

 

 

みなさんが幸せに生きていけますように。