アスペルガー彼氏と定型彼女のいろいろ

アスペルガー彼氏に振り回され、 時に涙し、時に激怒する…。 しかしめげない楽しい日々を綴っています。

スポンサーリンク

謝らない、謝れない?アスペルガー彼氏

 

ãç¡æ ã¤ã©ã¹ã è¬ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

アスペルガー彼氏は、ごめんなさいが言えません。

 

ついつい「謝ったら済むことやん!」と責めてしまうのですが、それでも謝るのは困難なようですね。

 

わたしなんか彼とは正反対で、特別悪いことじゃなくても咄嗟に「ごめん」とか「すみません」とか言ってしまうから逆に悩みなのに(-_-;)

 

 

なぜ謝れないでしょう。

 

いくつかのサイトや文献を見てみたところ、

アスペルガーさんは「謝ることは負け」「謝ってもどうせ怒られるから意味がない」などと思っているみたいです。

 

謝ってもらえたらこちらも許そうかなという気持ちになれたりするものですが、そういうコミュニケーション術を知らないのかもしれません。

 

 

先日も、酔った彼がソースをひっくり返してわたしの部屋のカーペットをベッタベタに汚したことがありました。

 

カーペットを必死で拭くわたしの横で「あー」と言ってるだけのアスペルガー彼氏。

 

わたしもイライラしてましたが、「わたしもこんなことで怒りたくないんだよ。すぐに『ごめんね』って言ったら怒らずに済むからそうしてほしい」となるべく丁寧に話しました。

 

そしたら彼は「ソースが倒れたの気付かなかった」と言ったのです。

 

つまり、気付かなかったから自分は悪くない(わざとじゃない)=謝らなくていい、という図式なのですね。

 

「気付かなくても倒したのはあなたなんだから謝ってほしいんだよ!」とすぐに言いましたが、やっぱり彼には意味が通じないらしく、でも気まずいからか、部屋をウロウロしていました。

 

なんで「ごめん」のひとことが言えないの!!!!とわたしはイライラMAXで、しばらくヤツとは口を聞く気になれませんでした。

 

静まり返っていたわたしたちでしたが、彼が「食べる?」と言って自分のお気に入りのお菓子をわたしにくれました。彼なりのご機嫌とりなのでしょう。

いやいや、そういうことじゃないからね!!お菓子はちゃっかりもらいましたが!w

 

結局最後まで「ごめん」は言ってもらえませんでした。

 

 

悪いことをしたら謝ってほしいというのは、わたしのエゴです。

 

「悪いことをしたら謝る」という価値観をわたしは彼に押し付けています。

 

そのことは百も承知です。

 

だけど、大切に使っていたカーペットを一方的に汚されたわたしの悲しみはどこで癒されるのでしょう。

 

アスペルガーと付き合っていて虚しくなるのは、こういう時やなと思います。

 

いや、他にもあるけどね(;^ω^)。

 

 

どんだけ理屈を押し並べても、気持ちはついていけないんだよね。

 

こうやってブログで書いて「うちもあるあるー!ムカつくー!」と共感してもらって笑い飛ばすことが、せめてもの癒しだなぁと思っています。

ãç¡æ ã¤ã©ã¹ããï¾ï¾ï½¿ï½ºï¾ã人ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

いつも読んで下さりありがとうございます^^